効果的なサプリ

コレステロールを悪者にしているのは、自分自身

善玉コレステロール、悪玉コレステロールと、まるでヒーローと悪者のように対比されますが、決して悪玉コレステロールは悪者ではありません。悪玉コレステロールを本当に悪者にしているのは、自分自身です。 コレステロールは、私たちの体にとって必要不可欠な脂質です。ホルモンや胆汁酸の原料となったり、細胞膜の生成に必要です。コレステロールが不足すると免疫力低下や疲れやすくなったりします。一定量のコレステロールは必要なのです。 ではどうして善玉、悪玉と呼び分けられているのでしょうか。悪玉は動脈に乗せて、全身にコレステロールを届けます。善玉は悪玉が配ったコレステロールのうち、余ったものを回収する役目です。しかし余分なコレステロールが多すぎたり、善玉が少なすぎると血管内にコレステロールが蓄積されます。 ですから悪玉コレステロールが多いのは、もちろんよくありませんが、善玉コレステロールが少なすぎるのもよくありません。

EPAとDHAで血液をさらさらに

悪玉コレステロールが増えると、動脈の壁に脂肪が貼りついてしまいます。そうすると、血管内が狭くなり、動脈が硬くなります。これが動脈硬化です。狭く、硬くなった動脈に血液を送り出すことは、心臓に大変負担がかかるのです。 悪玉コレステロールが増える原因に、食生活と運動不足があります。コレステロールを多く含む食品は控えましょう。鶏卵、魚卵、チーズやバターなどはコレステロールが多いので気をつけましょう。 逆に積極的に摂るほうがいい、食材もあります。イワシやサバなどの青魚です。これらにはEPAやDHAが多く含まれています。EPAやDHAは血液をさらさらにする効果があります。魚を毎日食べることが難しければ、サプリメントを摂取するといいでしょう。 食事療法とあわせて運動も行いましょう。いきなりジョギングする必要はありません。息切れしない程度のウォーキングでも効果はあります。

TOP
Copyright © 2015 万病の元となる悪玉コレステロール|ヘルシー生活でイッパツ改善 All Rights Reserved.
Designed by: www.alltemplateneeds.com / Images from: www.wallpaperswide.com