健康意識をする

食生活の改善で土台作り

健康診断において悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の数値が高いと診断された。 効果的なサプリメントで楽に下げよう、などとおもいがちですが、基本中の基本である食生活を改善しないことには、どんなに高価なサプリメントを利用したとしても効果は減じてしまい実に不経済です。 というわけで、まずは現在悪玉コレステロールを下げるのに効果的と言われる食事を実践してみましょう。 それはずばり伝統的な和食。 エネルギー源とともに、ビタミンやミネラル、食物繊維も多く含む玄米や雑穀。 レシチン、それにやはり食物繊維も含む大豆製品である納豆や豆腐そしてみそ汁。 血液中のコレステロールを下げると言われる油を含む青魚。 もちろん野菜や海草類、きのこ類もいただけば上々です。 ただし塩分の取りすぎには注意してください。 このような食事で土台を作ったところで、必要ならばサプリメントを利用すると効果的です。

サプリメントの価格の比較

さて、悪玉コレステロールを減らす効果があると謳われているサプリメントは数多くありますが、その中でなじみがあり飲みやすいものとしては、青魚などになどに多く含まれるDHA・EPAが挙げられます。 DHA・EPAを含有する各社のサプリメントを比較すると、一か月分で配合量は30mg代から100mg代、価格は1200円代からほぼ6000円と幅広くあります。 ちなみにこれらの成分を含む食品としては、DHAはブリやサバ、EPAはイワシやニシンなどがあり、両者含有するものにはスジコやサバなどがあります。 また、食物繊維をサプリメントにしたものもあります。 調べた限りにおいては、配合量は一か月分で2.5g前後から5g代とばらつきがありましたが、価格は1000円前後で揃っていました。 バランスの良い食事にサプリメントを組み合わせ、悪玉コレステロールを着実に減らしていきましょう。

TOP
Copyright © 2015 万病の元となる悪玉コレステロール|ヘルシー生活でイッパツ改善 All Rights Reserved.
Designed by: www.alltemplateneeds.com / Images from: www.wallpaperswide.com